セミナー情報|半身症候鍼灸研究会は技術向上を望む鍼灸師、医師、鍼灸学生の為に新鍼灸セミナー、講習を随時開催しています。

セミナー情報 お申し込み お問合せ・資料請求

扁鵲への道

扁鵲への道

紀元前5世紀前後に出現し、神医と伝承される扁鵲は脈診の大家ともされ、「医師で脈診を論ずる者は、すべて扁鵲の流れを汲む」とされている。実際には透視ができたので、扁鵲自身は脈を触れずに、脈状まで知ることができたはずである。そして塀の外から屋敷内の病者の体内を透視した。諸国を巡り遍歴治療をした。

今、鍼灸臨床、手技臨床に欠如しているのはまさに人体透視による、扁鵲治療である。現代西洋医学が次々画像診断法を開発してきた。それに対し鍼灸臨床は体内透視的診断が皆無であり、すべて西洋医学での診断任せで、何ら自前の診断法を持たない。

椎間板ヘルニアにしても、脳血管障害にしても然り、西洋医学の画像診断以上の障害を検出出来ない。実際には、仙骨椎間板の4か所のヘルニアも起きるのである。多くの障害が画像診断では診断出来ないにもかかわらず、鍼灸師は画像診断を鵜呑みにする。

医師は画像診断で病者に対して一定の理解ができる。鍼灸師は自前の身体の診断法を持とうとしない。この鍼灸医療で多種ある障害のうち何が治せると言うのか?我々、新鍼灸法(半身症候鍼灸法)セミナーでは、画像診断で発見できない内臓、骨格系の障害を透視する指導をしている。

研究科では全員が頚椎、胸椎、腰椎を通した脊柱管の透視をしている。それにより全脊椎のヘルニア部位を判定している。勿論脳の歪みの左右差。膨張、収縮障害など全員透視診断ができる。

月例セミナーでも腎臓等の内臓の炎症、変位状態を透視する。そして参加者の9割が腰椎、胸椎の椎間板ヘルニア部位を診断し、完璧な治療をしている。鍼灸師は治療の原点に立ち帰るべきである。

西洋医の立場から、病者診るのである。まず、病者に対し痛み等の種々症状に対し、画像診断か、血液検査か、なんの診断が必要か判断する。鍼灸治療は根本的欠陥がある。血液検査もない、そして何より、解剖学的診断はすべて西洋医学任せで、解剖学的内臓、脳、骨格の診断を無用としているのである。

このような根本的欠陥があるうえ西洋医学は対症療法であり、東洋医学鍼灸は全体治療だと誇示する。驕りでしかない。九鍼で鍼具を使い分けると言う。

人体は畳ではない。太い長鍼を深々と差し込む必要がない。0番鍼の切皮で全身深部組織、脳は反応し、回復するのである。病者に対面したとき、なぜ鍼灸師は、内臓、骨格系、頭蓋骨と脳、これらを知ろうとしないのか?これでは真の臨床の場が存在しない。

鍼灸界の研修、学会発表でも口演、講演で、現実的臨床がない。つまり、互いに臨床の披露がないから、みな安心して講演、口演ができる。臨床の現実がない研修会で、これまで日本鍼灸はどれだけの進歩、発展がなされたのだろう。

「日本鍼灸は世界に注目されている」「評価されている」という。本当ですか?思わず考えてしまう。隣国、中国の中医師が評価しているのですか?古典鍼灸理論が確立されて二千数百年が経過した。

この辺で扁鵲の基本に返った鍼灸臨床を復活しませんか?鍼灸師の皆さん!自己満足鍼灸から、自己の感覚、自己の知識で病者を診断する鍼灸臨床をしませんか?診断出来なければ治せないのです。

眼前の患者を、身体を診断しましょう!脈を診たり、触診したりより体を診ましょう!そして体を理解しましょう!体、心を視て治る治療をする。これを透視診断が基本となる扁鵲治療と言う。

新鍼灸法(半身症候鍼灸法)、律動法創始者・茂木 昭が指導します。

1.扁鵲治療(透視治療)とはなにか?
2.もう時代の要求は治る治療で、治らない鍼灸とは決別しなくてはならない。
3.治る鍼灸とは、古典鍼灸以来存在していない正常・異常の確実な判定法を所有する鍼灸理論である。
4.治る治療はエビデンス鍼灸ではない。エビデンスでは治らない。

 

1.扁鵲治療の夢!

東日本大震災で露呈した日本鍼灸の実力。

古代の神医とされる扁鵲は諸国を遍歴治療した。小児疾患が多い国では小児科治療を、婦人科疾患の多い国では婦人科治療を行ったと言う。扁鵲が平成の日本に生存していたなら、東北地方で大活躍したのだろう。あるいは名もなく、活躍の場がなかったかもしれない。

全国の日本鍼灸師の皆さん、このような災害時にこそ、鍼灸効果があるのなら鍼灸師が大活躍しなかったら嘘である。鍼灸という治療形態こそ災害時に最大に活躍できるはずである。

つまり、中医学はともかく、少なくても日本鍼灸は治らないという証明となった。全国の鍼灸師も信頼されることの適性がなかった。そして統括する指導員自身にも被災者に全幅の信頼を抱かせる臨床的実力が無かったはずである。

被災者からも日頃からの鍼灸の評価から鍼灸を求める声が少なかったのである。この東日本大震災での鍼灸の救援活動の苦い思いをこのまま忘れてはならない。また大震災が起こる可能性があるのだから、普段から多くの大衆を救う臨床力を体得していなくてはならないと思うのである。

扁鵲が古代に遍歴治療をしたように、施設のいらない医療として最適な鍼灸が活躍出来るようでなくてはならない。

 

2.扁鵲治療(透視治療)とは?

臓象学説のような、空論でなく、臨床家はまず患者を見る。人体を見る。現代西洋医学は画像診断を次々に開発、向上させてきた。人体を見ることをすべて西洋医学に代診してもらい、自分は橈骨動脈を触る、舌を見る。古典理論を当てはめる。全身の自身が見えない経絡を説明しても結果が出ない。何しろ正常・異常の判定法がないのであるから、良くなることの状態も分からない。すべての治療行為も正当化される。

正しい治療をしましょう!正常・異常の判定法を知り、画像診断法が在れど治らない現代西洋医学を超えなくてはならないのが大衆の求めなのだから、画像診断法に匹敵する体内透視法を身に付けなくてはならない。

肺、心臓、腎臓、肝臓、腸、脳、そして患者の自覚症状、疼痛、しびれ、麻痺を透視する。全疾患とのかかわりの多い頭蓋腔、脊髄が障害される脊柱管内の透視は高度治療のいては欠かせないのである。これらの透視法をセミナーで指導している。また扁鵲的治療法を徹底して伝授してほしいなら、研修センターがある。

 

3.時代の要求は治る治療。治らない鍼灸とは決別

鍼灸師は本当に治す治療が嫌いなのである。兎にも角にも、皆が良いと決めていることに便乗する。迎合体質の極致が鍼灸師である。古典鍼灸、中医学鍼灸なんでも結構だが、その前に治る治療をしたいという強烈な意志をなぜ持とうとしないのだろう。古典理論のような結果の出ない理論かどうか、なぜ予測ができないのだろう。経絡治療家のトップの治療を受ければ、すぐ判断が着く。中医学に執心するより、留学するより、老中医師の治療を見聞すれば直ちに判断が着くのである。

治らない鍼灸に執着するようでは患者の信頼は得られない。

 

4.治る治療はエビデンス鍼灸ではない。エビデンスでは治らない

学者の研究する鍼灸のエビデンスは、それで役割は果たしている。しかし、鍼灸臨床家はなぜ追随するのだろう。鍼灸界には真の臨床家はいないのだろうか?現に学究家の臨床が治っているのですか?

本当の臨床家が研究家になるのなら理解できる。臨床家でない研究家のエビデンスに共感する臨床家では情けない。

ある研究家は、鍼灸臨床の理想として、少数穴、呼気時、座位での臨床パターンを挙げている。二重盲検法としてシャム鍼よりも全く接触感のないレザーを使用した実験を挙げている。それによる指床間距離テストを採用してその距離が短縮したから有効だとしている。これについて2点の大問題がある。一つはレザーを当てた。レザーには体に有効であるという思い込みがある。レザーは触覚が起きないけれど目に当てると重大な問題が起きるように、皮膚に当てても人体には有害となる。内臓機能が低下する。なぜ治療に使用するかというと、有害だから、知覚鈍麻するのである。つまり確かに鎮痛作用があるが、生理機能からは有害なのである。そして指床間距離テストにしても生理機能に有害な光線を当てれば筋、人体は弛緩するのである。結果曲がるのである。

それと呼気時だという。呼気時が正常になるのか、異常になるのか確かに生体にはあるのだが同一人でも時と時間で逆になるものである。つまり、肺気管支が拡張障害のときと収縮障害のときで、同一人でも一定ではない。しかもすべての患者に呼気時であるとする、この研究者の臨床レベルを知ることができる。

今の研究者の臨床レベル、人体知識では鍼灸のエビデンスなど限界がある。西洋医学でもリンパドレナージュで弾性ストッキングを使用する。これでは下肢動脈・静脈の極度な血行障害を増強させているのである。外した時すぐ脳循環も良くなり、視覚、聴覚が一瞬にして回復する。鍼灸臨床家はもっと自信のある臨床をするべきである。

 

鍼灸が治らない西洋医学から科学的に有効性を認定されても、国民大衆には何の益するものはない。

日本鍼灸師は、大きな夢を持って、国内にもない、中国にもない、欧米にもない、古代の神医とされた扁鵲が活躍した扁鵲的透視治療家を目指しましょう!

新鍼灸師に向けた卒後の進路相談会随時開催(新卒者、既取得者共)

治る鍼灸は日本から変えなくてはならない。それは現代西洋医学の付属医学ではない社会が求めている現代西洋医学を超える「治る鍼灸」である。日本の鍼灸資格者も中国中医資格者も、医師資格者と比較すると卒後、鍼灸医療に携わる数がごくわずかである。現代医学とは異種の医学とは言え、古代からの古典鍼灸理論が尊重されるためには、西洋医学以下の治療効果であってはならない。

古典理論鍼灸と一部現代医学を採用した従来の鍼灸構造がこのまま継続するべきなのか、あるいは変革が必要なのかこれまでなぜ、あいまいにして来たのか?今こそ明解にしなければならないときに来ている。

なぜ新鍼灸法か?治らない鍼灸からの決別を!

全国17万人の鍼灸師中、高度の治る鍼灸を志す鍼灸師はごく僅かである。しかし、社会は現代西洋医学を超える治る鍼灸を求めている。膨大な鍼灸理論、その鍼灸指導が存在していても、指導者においても鍼灸が何を治せるのかを知らない。なぜなら、鍼灸界は理論と指導があっても、種々疾患を治す現場を見せない。鍼灸とは臨床を見せない治療法であったからである。

治るかどうか分からないから、鍼灸効果の実体を見せない鍼灸は発展しているのか、いないのかも判断しようがない。進歩、向上する鍼灸のためには、鍼灸は真に治るものかどうか公開しなければならない。2,000年の古典鍼灸理論の膨大な原因論を列挙してもその検証ができなければならない。内臓を診断できない臓象理論、解剖学的組織での検証ができない原因論、全身の動脈・静脈の循環、心臓機能を診断できない虚実診断の脈診、身体各部位の異常・正常の判定法がない診断法、種々疾患の効果を公開できない鍼灸。骨格系から、内臓系、脳・脊髄系の診断ができない鍼灸理論は生体機能の正常・異常ではなく、疼痛の有無を目標にする対症療法の域を出られない。

痛みの有無を診断する鍼灸法は鎮痛剤、神経ブロックと同じ、治す治療法ではない対症療法に過ぎないのである。その結果鍼灸は、対症療法で多くの疾患を治せない現代西洋医学さえ超えられない。

本来の鍼灸の在り方は痛み止めの鍼灸から、治す鍼灸にならなければならない。人体の診断は実体のない経絡、臓腑の虚実でなく、骨格系内臓系を体内までスケルトン視する人体を見る診断でなくてはならない。このスケルトン化診断を扁鵲治療と呼ぶ。新鍼灸法は、体内透視をした現代の扁鵲の輩出を目指している。

驚きの透視診断を動画で公開!

透視診断の模様を特別に動画で公開します
セミナーの様子をこのサイトで体験してください

扁鵲の塀越しの患者の診断の再現

一般人対象講習会70人集団治療

動画一覧はこちら

資格取得したら、次に鍼灸師は何をするべきか? 卒業までに鍼灸学生は何を考えるべきか?

資格取得時、鍼灸師の大部分はこれから何をすればよいか判断に迷っている。学校からは、資格修得までの指導を受けた。卒業後は鍼灸院を経営できる鍼灸治療技術修得のための自身が選択する学習である。卒業後は鍼灸臨床のための学習に入らなければならない。鍼灸師免許は飾っておいても何も役に立たない。

次のことで迷っていませんか?新鍼灸法がすべて解決します。
1.治す鍼灸はどういうものか。見聞したい。
2.鍼灸でなんの病気、疾患が治るのか。
3.治す鍼灸家になるためにはどうしたらよいのだろうか。
4.五十肩、椎間板ヘルニアさえ自信がない鍼灸にいつまで依存し続けるのだろうか?

既成の鍼灸の問題(1)

鍼灸はなぜ治らないのか? 中医学鍼灸理論、経絡治療理論が治ると思い込んでいる感性水準の鍼灸師は我々新鍼灸法(半身症候鍼灸)研究会の指導対象外である。

素問・霊枢以来、多種雑多なあらゆる治療理論が体系化されている。しかも、いずれも身体上で検証できない診断法である。臓腑弁証、経絡弁証の弁証論治、経絡の12経脈の存在。その経絡循環を体表上で指示する指導者も存在せず、動・静脈の流動も、脳内のうっ血、血管障害も分からない。聴覚障害、視覚障害、内臓障害が一度の刺鍼で改善しない。

直視するべきは、あらゆる疾患の原因論は抽象的古典医学理論であり、すべてが医学的原因不明のまま刺鍼、施灸をしていることである。それでも鍼灸が治っているのであれば、治療理論は正当化されるが、治っているのかどうかを鍼灸界は明かさないのである。それは治っていない証拠である。原因を知らない治療により、もし治っていないというのであれば、その鍼灸治療は虚偽治療と見なされても仕方がないということである。

従来鍼灸が治しているというのは、疾患ではなく、痛み、凝りの症状に対してで、西洋医学と同様の治せない医療になっているのである。

解剖学的臓腑を知らない臓象学説とは何か?選穴、配穴では病い上にあれば下を取る。病い下にあれば上に取れ、中心なら傍系を取れと言う。時には痛みのある所を取るともある。治病は本に求めると言い、病い急ならば標、緩ならば本。標本理論以外にも理論に数々の例外がある。治らなければ他の刺鍼をする。治るかどうか事前に判断できない診断理論である。治療理論に一貫性がなく、あらゆる理論が正当化されている。中医学鍼灸では、中西結合医理論から西洋医学的疾患別刺鍼理論が確立され、各疾患に多種の配穴が挙げられている。では配穴における個々の選穴の効果はどうなっているのか?

古典理論は解剖学的実体のないものを対象とした仮構的治療理論である。当然、中国においても、効果において西洋医学の地位を脅かすことは想像もつかず、中医学廃止の国民の署名運動まで起きている。

鍼灸師はなぜ、2千数百年以来の鍼灸を伝統として尊重するのか。現在の鍼灸は2,000年も改善されないまま存在しているのである。治せない鍼灸を古代からの伝統と粉飾せず、治すべき医療として現実を直視するべきである。医療は進歩しなければならないものである。

鍼灸が治る医学であれば、鍼灸を避け病院に向かう医療界にはならないはずである。

鍼灸家はなぜ治せないのか?

高名な鍼灸家でも、患者数が少ない。患者数が多くても、多くのベッドに患者を寝かせ、長い置鍼時間での治療である。圧倒的に多種疾患に当たる頻度が少ない。一日10人以下の患者に対処する鍼灸臨床では20年の臨床でも、社会に存在する種々疾患を網羅した特性と人体の治癒作用を知り尽すことはとうてい不可能である。治る鍼灸のために鍼灸家は一層多くの疾患に遭遇し、多くの生体治癒機能を知らなければならない。

鍼灸界は、指導者が理論的指導はしても臨床公開には閉鎖的である。鍼灸臨床において基本は、理論講義ではない。実際の臨床効果を見せない鍼灸理論で指導者も学習者も鍼灸研究を済ませている。鍼灸師は疾患、疾病を見る機会がなく、また多くの疾患、疾病を自ら知ろうとせず、延々と伝統的臨床水準に留まろうとする。

この従来鍼灸界の医療に対する進歩を拒絶する体質が、今日までの現代西洋医学の陰の存在となっているのである。

鍼灸は治る!そして治る鍼灸でなくてはならない

国内鍼灸師17万人が考えているように鍼は治らないものではない。配穴では病い上にあれば下を取る。病い下にあれば上に取れ、中心なら傍系を取れと言う。新鍼灸法は上下も中心も、虚実もない。現代西洋医学が治せない全疾患に下部後頭部への全身組織の反応点で著効を上げている。

治る刺鍼点には急性も慢性もない、すべて0番鍼での1~2点の浅刺である。置鍼時間は5秒内、鍼で治すのではない、全身組織を見渡し、全疾患が治る刺鍼点への刺鍼で、刺鍼から瞬時に変化する全身組織を観察しながらの刺鍼である。従来鍼灸と異なり、一貫性のあるシンプルな理論と生体組織での原因を確実に究明する高度の診断法が欠かせないのである。原因を究明できない鍼灸では治せない。解剖学的原因を知らなくても治せるという従来鍼灸は何を治せているのか。治す鍼灸の第一歩が古典鍼灸理論の排除である。

なぜ治す鍼灸家が出ないのか?

鍼灸学校の増加から鍼灸師氾濫時代にもかかわらず、一向に鍼灸治療に対する社会の評価が上がらない。鍼灸師を目指す者が満ち溢れても、真に治すことを志す者を探せない。新鍼灸法は国内鍼灸界にごくわずかな鍼灸名人の出現を求め、令和の扁鵲の輩出を目指している。

詳しくはこちら

「半身症候鍼灸研究会」主催! 新鍼灸セミナー!

セミナーのお申込み資料請求はコチラから

概念的理論に人体を当てはめる鍼灸から人体自体を透視する新鍼灸法へ

高名な一鍼灸界指導者が指導に当たりながら、将来鍼灸は廃れると発言する業界の矛盾。しかし、それは既に現実です。17万人の国内鍼灸師中、開業者はわずかです。

なぜ鍼灸師が開業できないのか?なぜ経営できないのか?

病人、障害者が社会にあふれていても鍼灸師は治らない治療を替えようとせず、患者が来ない、開業できないと公言してはばかりません。

古典理論は石膏像における体内臓器、組織の空想論で、混沌とした複雑さに際限ありません。治療とはガラス張りの人体内診断でなくてはなりません。平成14年に第一回セミナー開催以来、扁鵲の透視治療家育成体制が整い近年本格的指導に入りました。

国内100人の本物の体内透視診断のできる名人鍼灸治療家、現代の扁鵲の輩出を目標として指導に当っています。

名人治療家のみを国民は求めている

結果の出ない治らない治療は、治療家自身の心身も壊します

扁鵲治療とは

全身体内を透視診により知る診断・治療法です
古代中国の神医・扁鵲は人体透視による治療で諸国を遍歴治療しました。
塀の外から屋敷内の患者の体内を透視しました。

研究会代表・塾長茂木は、20年以上にわたり海外・国内の遠隔治療、毎回の透視による10万人以上の鍼治療を実践しています。
一台のベッドで最高一日113人の自費による患者を一人で診療しました。

真の治療家は生体が有する治癒力の診断に基づかなければなりません。

詳しくはこちら

当セミナーでは

扁鵲治療を茂木昭が直接指導します!

多疾患を確実に治す鍼灸師の第一歩

鍼灸師の第一歩

見学することから始まる

すべての鍼灸師・鍼灸学生に長年、臨床見学の場を開放している

詳しくはこちら

鍼灸名人のための扁鵲治療体得の流れ

新鍼灸法(半身症候鍼灸法)は1~2穴の刺鍼のみ

茂木扁鵲塾

新横浜駅から徒歩6分。呉竹鍼灸柔整専門学校の斜め向かい。
「新横浜はりセンター」。
鍼治療、律動法、療法指圧(新指圧法)の
国内最先端治療研鑽施設として開設。
扁鵲治療としての鍼灸治療家、手技治療家、療法指圧治療家養成。

国内最尖鋭鍼灸・手技・療法指圧の名人治療家養成施設

塾生急募中 新横浜スケートセンター横に開設、熱血鍼灸師、柔整師、指圧師へ!今がチャンス、募集中。向上心を一日も無駄にしない挑戦を!

今、国内には17万人の登録鍼灸師が存在する。このうち鍼治療の真価を知る鍼灸師は何人存在するのだろうか?

見ない、見せない、治せない鍼灸界が鍼灸を衰退させた。鍼灸界水準とは別質な鍼臨床を常時公開。人体透視に基づく扁鵲治療としての鍼治療を見ずして治る鍼の存在なし。

日本の鍼灸・手技治療・療法指圧の画期的改革・向上を目的とする。

鍼灸はなぜ衰退したか!誰が衰退させたのか?

未だに、鍼灸の現実を鍼灸界は知ろうとしない。今日の医療における鍼灸の評価を見渡せば、鍼灸が衰退していることが容易に気づくはずである。鍼灸師単独の資格では、開業できないようになってから久しく、鍼灸の主流は、柔整鍼灸になっているのである。鍼灸学会幹部までが鍼灸、柔整結合臨床家になってきた。

明治、大正、昭和、平成と百数十年の鍼灸がどれほど進歩したのだろうか?鍼灸医学が、保険適用の肩こり、腰痛の疲労回復のマッサージレベルの柔整鍼灸の潮流に飲み込まれようとしているのである。古典鍼灸理論派の著名な指導者であった井上雅文氏自身がその著で語った「鍼灸の将来については極めて悲観的であり、殆ど鍼灸の存続はあり得ないと思っている」が現実になっているのである。

鍼灸が治っていると過信してきた鍼灸師自身が鍼灸を衰退させてきた。

鍼灸が治っているとなぜ錯覚するのだろうか?

鍼灸は治っているのか否か?現実を直視せず、鍼灸が治っていると思い込んでいる以上、鍼灸は治る医療にはならない。鍼灸界は現代西洋医学が有効であるのは一部で多疾患にわたり効果を上げていないことを知れば、その現代西洋医学にも対抗できない従来鍼灸が多疾患に効果を上げられていない事実を容易に知ることができるはずである。

鍼灸が効果を上げているのは、刺鍼刺激と長時間の置鍼による知覚神経鈍麻作用によるもので、治癒には至っているものではない。鍼灸師は、鍼灸が種々疾患に対して治るものなのか治っていないものか、自身の臨床以外を見る機会がない。

鍼灸師は鍼灸臨床を自身で見聞し、鍼灸効果を知ること

鍼灸師は鍼灸が治るのかどうか?種々の疾患に対する治療効果をつぶさに目にして、鍼灸効果の実体を検証しなければ今日の鍼灸の衰退基調は留まることがない。

新鍼灸法は国内唯一、鍼灸効果の実体を全公開する所

鍼灸臨床に対する熱意を有している以上、すべての鍼灸家、鍼灸学生に臨床を公開している。唯一、鍼灸効果を知る機関である。

「半身症候鍼灸研究会」主催! 新鍼灸セミナー!

セミナーのお申込み資料請求はコチラから