宮城県 A・M先生|半身症候鍼灸研究会は技術向上を望む鍼灸師、医師、鍼灸学生の為に新鍼灸セミナー、講習を随時開催しています。

セミナー参加者の声

宮城県 A・M先生

先日は臨床見学という貴重な時間を頂き大変勉強になりました。受け入れて下さった茂木先生はじめ周気堂治療室の皆様に心より感謝いたします。ありがとうございました。

半身症候鍼灸基礎を受講修了し月例本科セミナーに参加させて頂き、少しずつ自分の臨床に使おうと考え、身内に練習相手になってもらっていましたが、実際の臨床を見て尚、自分も決して健康ではないことを知っていましたので自分も治療を受けてみる。自分自身が健康でなければ人を診る事はできないと思っていましたし、体験し見学し初めて学べるのだと思っていました。実際に治療を受けた感想は、「楽になる」とも「気持ち悪い」とも明らかに違い、一言で言うなら「自分が自然体になる」という感じです。伝わるでしょうか?

どの体勢をとっても自然体でいられる実感を。これはやはり体験しなければ分からないかもしれません。見学される方は実際に自分自身でも体験されることをおすすめいたします。さすれば患者への説明がより深くできると思います。

見学しての感想を書かせていただきます。

当日は見学中休む間もなく次々と来院がありました。小さな子から介助なしでは歩けない方まで多様な症状の患者の数でした。

セミナーに参加させて頂いてますので一通りの流れは把握していましたが、実際の臨床になるとさらに深い。そして細かい。なにより的確でなめらか。このような表現が正確かは自信ありませんが素直な感想です。

一例をあげますと、いわゆる難病の診断名がついた患者が数名来院されてました。

今までの私であればその病名から治療方法を考えていました。しかし茂木先生はその原因もさらに原因を探し出しました。結果、介助なしでは一歩も歩けなかった患者が数歩とはいえ自立歩行されました。患者にとって大きな希望がでたことと思いました。

今回の見学をさせて頂き、自分自身の弱点、焦らないこと。思い込みで診ないことに気づかせて頂きました。これは本当に大切な気づきです。自分自身が一段上がった気がします。

とてもありがたい勉強になった貴重な見学でした。約半日の見学は私を成長させてくれました。改めて心より感謝いたします。

まさに百聞は一見にしかずです。悩んでいる先生方、見学することをおすすめいたします。