【従来鍼灸】鍼灸のエビデンスの限界(レーザービームは身体機能を低下させる)
(平成29年7月)|半身症候鍼灸研究会は技術向上を望む鍼灸師、医師、鍼灸学生の為に新鍼灸セミナー、講習を随時開催しています。

動画一覧

【従来鍼灸】鍼灸のエビデンスの限界(レーザービームは身体機能を低下させる)
(平成29年7月)

■鍼灸のエビデンスの限界(レーザービームは身体機能を低下させる)

鍼灸効果評価の錯誤、レーザービームは着衣上からの照射で神経系の低下で筋肉系が弛緩する。

可動域の拡大には、2種ある。

1は神経機能向上による関節靭帯の締りによる可動域拡大と2は神経機能低下による関節靭帯の弛緩による拡大がある。

鍼灸エビデンス研究者には臨床上の常識観が不足し、逆の評価を公表することが多い。