鍼灸学生の方へ|半身症候鍼灸研究会は技術向上を望む鍼灸師、医師、鍼灸学生の為に新鍼灸セミナー、講習を随時開催しています。

メッセージ

1.鍼灸学生の皆さんへ!鍼灸学生の方へ

鍼灸師を目指す学生に問う! 名人鍼灸師を目指す志をお持ちですか?鍼灸学生であるあなた方の数年後の鍼灸師像を想像できますか?卒後の姿はそれぞれ鍼灸臨床から離れる人、鍼灸臨床に進む人、様々ですが、鍼灸臨床に進む人を対象に話を進めて行きます。 ほとんど大部分の鍼灸師...

今、国民が求めている医療は?鍼灸学生の方へ

病院医療において多くの慢性疾患が治癒不能となっている今日、それを改善できる可能性を秘めている医療は鍼灸をおいて他に見出せないと考えています。鍼灸といっても、それは飛躍的効果が望めない一定レベルの鍼灸ではなく、その病院医療を凌駕するところの鍼灸でなくてはなりませ...

新鍼灸法の開発鍼灸学生の方へ

我々は、新鍼灸法を長年月かけて開発してきました。開発当初から病院医療に無批判に追従することを排除して、臨床体験での自己の感覚と患者の体を通した検査と治療による効果の実証に基づいた治療理論をシステム化してきました。その結果、病院医療での多くのあいまいな点、非科学...

新鍼灸法での臨床鍼灸学生の方へ

我々が開発してきた新鍼灸法では、従来の鍼灸法理論の枠から大きく離れた未知の領域の検査から、多くの臨床上重大な問題を数々発見し、その検査法を基軸とした鍼灸理論を構築してきました。それは従来の病院医療、鍼灸学が全く知られていない生体現象で、多くの疾患に共通する臨床...

鍼灸の需要鍼灸学生の方へ

鍼灸界では従来から、鍼灸治療の需要が少ないとみなしているようですが、それは全く誤りです。鍼灸院に患者が少ないからと言って、一方的に需要がないとは決め付けられません。病院医療での限界の疾患や障害で悩む国民が満ち溢れていることを鍼灸師、鍼灸界は気づいていないのかも...

高度な鍼灸臨床を目標に鍼灸学生の方へ

より高度な鍼灸臨床を目指すには、その第一歩は、鍼灸臨床の現実を知ることです。従来、日本鍼灸は常時、病院医療と対比した場にあったと思います。病院医療での不充分な分野での補完的地位に存在価値を見つけ、その範囲で鍼灸効果を証明してきたのではないでしょうか。 だとすれ...

鍼灸の宣伝不足という声に鍼灸学生の方へ

社会に膨大な難治疾患患者が満ち溢れ、そして永年の鍼灸普及の歴史がありながら、業界には鍼灸がまだ国民に知られていない。もっと宣伝の必要がある式の言動も見られますが、すでに前項で触れたように国民はすでに鍼灸にあまり期待できないと判断しているのです。患者が来ないとい...

鍼灸の効果鍼灸学生の方へ

鍼灸には、客観的な見方として効果があいまいということがあります。この点から病院医療における鍼灸は低い評価しかされていないのでしょう。古典鍼灸理論、あるいは現代医学的鍼灸理論どれを採っても理論上に限っては、完璧かもしれませんが、果たして効果の実証が伴っているので...

鍼灸における感覚の訓練鍼灸学生の方へ

鍼灸は元来、目に見えない、医学上も全くその存在すら証明できない気血の循環を基本とする、まさしく気の医学です。当然のことに脈診、触診での手指の鋭敏な感覚を重視するようですが、不思議なことにその具体的訓練法が皆無に近いのではないでしょうか?アメリカのカイロプラクテ...

半身症候鍼灸鍼灸学生の方へ

現代医学の主流である病院医療と従来の鍼灸治療において見落としている、広範囲にわたる臨床上重要な生体現象があります。従来の医療においては一定の層までの問題しか検査対照になっていなかったのです。 例えば、病院医療では筋骨格系の障害に対して画像診断レベルを超えた微細...

2.鍼灸学生は将来の日本鍼灸を救えるか?鍼灸学生の方へ

鍼灸学生は将来の日本鍼灸を救えるか? 鍼灸学校設立の規制緩和にともなう鍼灸学生と鍼灸師の激増時代、鍼灸学生と鍼灸師の意識と治療技術にはどのような変化を期待できるだろう。 従来、鍼灸学校側、鍼灸臨床家側から、鍼灸界の明日を担うべき鍼灸学生に対する批判が言われてき...

2.日本鍼灸を救うのは鍼灸学生鍼灸学生の方へ

1%の鍼灸学生に訴える! 「ごく一部鍼灸学生に治療家としての志を期待したいこと」  多くの鍼灸学生は、この先、卒後の予測をあいまいのまま惰性に任せ、資格試験のみを目標としています。これは数十年変わることなく繰り返してきた現実で、養成校の急増から、募集案内の10...