セミナー情報|半身症候鍼灸研究会は技術向上を望む鍼灸師、医師、鍼灸学生の為に新鍼灸セミナー、講習を随時開催しています。

メッセージ

8.鍼灸界の変な談話?鍼灸の特徴、鍼灸は気持ちがよくなる。 長い時間患者とのコミュニュケーションが取れる。鍼灸師の方へ

この言を鍼灸師指導者の談話でよく聞く。これでは、鍼灸が床屋、美容院のくつろぎと同じレベルになり、医療にはならない。美容鍼灸も同類である。病院では受診時間が短く患者の悩みをじゅうぶん聞いてやれない。それができるのが鍼灸の特徴だという。 すっかり鍼灸師は治すことを...

9.明日の鍼灸は「素問・霊枢から脱却し、扁鵲の透視治療である」鍼灸師の方へ

現代の鍼灸理論は現代解剖学に準ずる科学派と素問・霊枢以来の理論を基本とする古典派および両方の折衷派が存在することは周知の通りである。 大方の見方は、現代医学的科学派は局部を対象とした対症療法、古典派を経絡理論に基づく人体全体を対象とする全体治療と見なしている。...

10.河南中医薬大学での公開、遠隔治療鍼灸師の方へ

1993年のことである。中国河南中医薬大学付属病院において筆者・茂木 昭は遠隔治療を披露した。腰髄腫瘍手術後遺症から、強度の坐骨神経障害を生じている入院患者を前に、病院側からの「先生の治療も見せてください」との勧めに応じ、では外からしましょうと答え、病棟の外、...

3.多種疾患が治る鍼治療は、鍼灸師の専有ではありません。特に整形外科医の方に最適な鍼治療です各科医師の方へ

従来、鍼灸治療を導入する医師は、漢方薬に関心を持つ医師に比較して鍼灸では少ない。 そこには鍼灸は鍼灸師の医学で、現代学的西洋医学が医師のする医療だとの偏見が感じられたが、それは従来の鍼灸は西洋医学が不得手な肩凝り、腰痛を施術する、マッサージ程度の効果しか認識さ...

2.整形外科医療に貢献するX線微細骨折診断法の公開各科医師の方へ

従来のX線診断では完全骨折と一部不全骨折しか骨折診断ができなかった。新鍼灸法で開発したX線診断法では、従来のX線フイルムから上肢、下肢の微細骨折まで詳細に読影でき、従来、痛みはあっても、「骨折はありません」と言うケースの根拠を説明することができる。従来のX線、...

1.半身症候鍼灸の一部を紹介新鍼灸臨床

①検査理論、治療理論は終始一貫し、最初の検査に誤りがなければ、効果次第で選穴を替えることは必要がない。イニオン(外後頭隆起)、左右の上項線の1~2穴の浅刺以外には全く処置、治療法を変更することがない。なぜなら刺鍼前に効果を確認することができるからである。それは...

2.半身症候鍼灸の紹介(刊行物)新鍼灸臨床

①茂木昭著『奇跡の新鍼灸と手技治療』知道出版 定価2,160円 半身症候鍼灸をわかり易く解説した画期的鍼灸書です。鍼灸治療と手技治療に対する多くの疑問が氷解することでしょう。 ③DVD・臨床現場シリーズ『半身症候鍼灸法』たにぐち書店(1巻~3巻、各巻18症例か...

1.鍼灸学生の皆さんへ!鍼灸学生の方へ

鍼灸師を目指す学生に問う! 名人鍼灸師を目指す志をお持ちですか?鍼灸学生であるあなた方の数年後の鍼灸師像を想像できますか?卒後の姿はそれぞれ鍼灸臨床から離れる人、鍼灸臨床に進む人、様々ですが、鍼灸臨床に進む人を対象に話を進めて行きます。 ほとんど大部分の鍼灸師...

今、国民が求めている医療は?鍼灸学生の方へ

病院医療において多くの慢性疾患が治癒不能となっている今日、それを改善できる可能性を秘めている医療は鍼灸をおいて他に見出せないと考えています。鍼灸といっても、それは飛躍的効果が望めない一定レベルの鍼灸ではなく、その病院医療を凌駕するところの鍼灸でなくてはなりませ...

新鍼灸法の開発鍼灸学生の方へ

我々は、新鍼灸法を長年月かけて開発してきました。開発当初から病院医療に無批判に追従することを排除して、臨床体験での自己の感覚と患者の体を通した検査と治療による効果の実証に基づいた治療理論をシステム化してきました。その結果、病院医療での多くのあいまいな点、非科学...

新鍼灸法での臨床鍼灸学生の方へ

我々が開発してきた新鍼灸法では、従来の鍼灸法理論の枠から大きく離れた未知の領域の検査から、多くの臨床上重大な問題を数々発見し、その検査法を基軸とした鍼灸理論を構築してきました。それは従来の病院医療、鍼灸学が全く知られていない生体現象で、多くの疾患に共通する臨床...

鍼灸の需要鍼灸学生の方へ

鍼灸界では従来から、鍼灸治療の需要が少ないとみなしているようですが、それは全く誤りです。鍼灸院に患者が少ないからと言って、一方的に需要がないとは決め付けられません。病院医療での限界の疾患や障害で悩む国民が満ち溢れていることを鍼灸師、鍼灸界は気づいていないのかも...