3.東洋医学の欺瞞(ぎまん)未病を治すを批判する|半身症候鍼灸研究会は技術向上を望む鍼灸師、医師、鍼灸学生の為に新鍼灸セミナー、講習を随時開催しています。

セミナー情報 お申し込み お問合せ・資料請求

メッセージ

3.東洋医学の欺瞞(ぎまん)未病を治すを批判する鍼灸師の方へ

今の疾患、現病の大部分が治せず、なぜ未病を予測できるのか?古代中国においても治せない病気が沢山あった。素問霊枢にも条件付きで治らない疾患の記述が意外と多く記述されている。予測できないものまで治すという東洋医学信奉者。「未病を治す」を提唱する鍼灸学界の指導者各位がとても現病を治す名人には思えないのである。このような大言ができる鍼灸業界指導者の度量、能力にも頭が下がる。

出現するかどうかわからない未病の講義をするより、もっと現実的な病院医療での無数の難病、現病の治し方を業界鍼灸師に指導してほしい。業界は治せず、患者不足に悩んでいるのである。