今、国民が求めている医療は?|半身症候鍼灸研究会は技術向上を望む鍼灸師、医師、鍼灸学生の為に新鍼灸セミナー、講習を随時開催しています。

メッセージ

今、国民が求めている医療は?鍼灸学生の方へ

病院医療において多くの慢性疾患が治癒不能となっている今日、それを改善できる可能性を秘めている医療は鍼灸をおいて他に見出せないと考えています。鍼灸といっても、それは飛躍的効果が望めない一定レベルの鍼灸ではなく、その病院医療を凌駕するところの鍼灸でなくてはなりません。それは当然、開業した場合、近隣にある各種医院が経営面で脅威を抱くだけの成績を上げる鍼灸院でなくてはなりません。

なぜなら、鍼灸はあらゆる科の治療ができるからです。そしてすべて原因治療が可能で、症状をぼかす対症療法を必要としていないからです。各専門の領域での多くの疾患に、医院を凌ぐ効果を上げられるはずだからです。現状の無資格の整体院との競合に目くじらを立てる水準の鍼灸ではありません。当然それは、従来の鍼灸理論の枠を大きく外れたところの鍼灸です。  同じ鍼灸理論という制約を受けている以上、臨床における画期的治療効果が期待できないことは、鍼灸の歴史、あるいは日本鍼灸、中医鍼灸を比較して見ても理解できることだと思います。治療技術の飛躍的効果を期待できる可能性は、少なくても、従来の理論的制約を全く離れたところの鍼灸理論、全く未知の領域の検査ができる鍼灸理論であると考えます。従来の鍼灸を凌駕した高度鍼灸技術の開発によって、今日の医療社会の問題を画期的に改善することが可能になるでしょう。その志を持った鍼灸師がより多く医療界に進出してほしいと思います。