東京都 N・M 先生|半身症候鍼灸研究会は技術向上を望む鍼灸師、医師、鍼灸学生の為に新鍼灸セミナー、講習を随時開催しています。

セミナー参加者の声

東京都 N・M 先生

緊張感あふれる引き締まった無駄な時間が少しもない印象でした。
遠方から参加している方々もいらっしゃり、必然的に密度が高くなっていると思いました。
現状の鍼灸で良くなったと言われる事もある反面なかなか改善しきれない事も多々あり特にここ数年は本質にアプローチしていく必要性を痛感しておりました。
鍼よりもかえって手技を施した方が結果が良かったり、患者の訴えが多岐に渡る場合、多鍼となってしまい、これでいいのかという疑問と戦っていました。
検査や診断の重要性の理解も不足していた事も痛感できました。
気の世界は非常にデリケートな印象ですので、茂木先生をはじめ指導していただいた先生方の一言一句を聞きのがさないように集中して望みたいと思います。
セミナー自体は、決して長時間ではないので、日々教わった事を鍛錬する事が重要だと思います。
欲やプライドを更に更に捨て、中庸であり平常心を常にキープ出来るように鍛錬し、気感が高まるよう精進してまいりたいと思います。人間力をいかに高めるかが課題です。本日はご指導ありがとうございました。