弓場 美香 先生(第7期)|半身症候鍼灸研究会は技術向上を望む鍼灸師、医師、鍼灸学生の為に新鍼灸セミナー、講習を随時開催しています。

セミナー参加者の声

弓場 美香 先生(第7期)

半身症候鍼灸基礎シリーズを受講しはじめて早くも5サイクルになりますが、同じテーマの中にも毎回新たな気づきのあるセミナーにとても感謝しております。

まるでザルの目が徐々に小さくなっていくように診断精度が高まり茂木先生の話される言葉の一つひとつが、自分のレベルに合わせて吸収されて通り抜けていく、そんな感覚でした。

そして不思議なことに臨床を重ねながら湧き上がる質問や不思議が、次のセミナー受講中に頭の中で徐々に整理されていくのを感じます。

ようやく半症鍼を知る以前に抱えていた、”治らないことへの不安心”から開放され、目も前の患者が治療への道を歩んでいるという確信をもてるようになってきました。すると患者層も一変したような気がしています。

今では、患者自身のわが体に向き合う姿勢がとても大切であり、わかりやすく説明できる様、より一層自分の体づくり、感覚磨きが必要であると思っています。

この半症鍼は、入門しやすくそのうえ奥がとてもとても深いことにようやく気づきました。

これからも欲を捨て去り、一つひとつ臨床を重ね、一歩ずつ未知の扉を開いていきたいと思っています。

平成22年10月